脳にインプットされた指令は、アイディアという形でアウトプットされるそうです。入れなければ出てきません。

テーマを意識していれば、何を見ても、アイディアにつながったりアウトプットされる場合もあります。常に柔軟な発想が必要となります。アイディアが出ないという人は、発想力が貧困かというとそうではないはずです。

発想力というのは、訓練によって高まるものです。訓練すれば誰でもある程度のレベルに達することができるのです。

発想する力は、その方法を学べば高めることができます。発想力で悩んでいる人は、この方法を知らない場合がほとんどであるといいます。チェックリストや連想によるものは、発想に大いに役立ちます。

チェックリストによるものをチェックリスト法といいます。連想してアイディアを作り上げる方法をブレーンストーミングといいます。ブレーンストーミングというのは、数人で行うのが一般的となります。これらの方法には、ルールがあります。

そのルールに則って進行させるのですが、発想はただ漠然とやっても効果はありません。

ルール化とすることで、合理的にアイディアを導き出すことができるようになります。最も簡単な方法として、良いというアイディアを真似してみることです。

もちろんビジュアルをそのまま使ってしまうと著作権法に触れたりしますが、アイディアというのは基本的に真似をしてみるというのは、構わないという意見もあります。

同じ発想の方法ならば、アイディアが似てくる確立は高くなってくるというのです。この成功した作品例に学ぶという方法は、既成のものを加工するということです。

改良、改善、改革は元になるものがある場合に可能な方法といえるのです。

デザインの窓からのぞく。チラシPRODUCTIONglassのtopへ