ワークフローというのは、業務に関する作業の流れを分かりやすく定型化したものです。

デザインの作業というのは効率が求められます。

効率が良くないとか、納期に間に合わないということも起こりやすいと言えます。

それを防ぐためには、あらかじめ予定を組んでその範囲内で作業を進める必要があるのです。特に発想をするときには、時間というのは無限にあってもいいといえます。

発想とうのは、その発想する方法によっては、時間をたっぷりとかけるときと、要点を抑えることを主にした短期に行うものとがあります。

最初から何をすべきかを決めておくことが無駄なく作業をするためにはいいようです。

作業のやり残しのチェックなどもこれでできるはずです。作業に参加しているメンバーはワークフローで、現在何が行われているか、何をすべきか確認することができます。もうひとつには、責任者のチェックを経て次に進めることができれば、仕事にメリハリが付けられます。

特に決済の必要なことにおいては、作業全体を把握しながら行うことができるからです。デザインの進行を闇梨したり、作業をしやすい環境を確保しながら、スムーズに制作が行えるようにすることをデザインマネージメントといいます。

デザインのマネージメントをする人がいることで、デザイナーは雑務から解放されることができます。デザイナーが働く環境を管理する人はとても重要です。

デザインの作業では人と人との結びつきを図るのはとても重要です。そして他部門の調整、組織の管理、必要な人材の確保や問題が生じた際の調整とマネージャーの仕事は多岐に渡ります。

デザインマネージメントの仕事はこれからは、ますます重要性がましていくものと思われています。

デザインの窓からのぞく。チラシPRODUCTIONglassのtopへ